テーマ「防災」メインビジュアル

BO-SAI in 豊洲

「BO-SAI in 豊洲」は、2008年から実施しています。「ららぽーと豊洲」の来場者に向けて、防災への意識向上、日ごろの備えの重要性を訴えています。

行政や自治体、NPO法人と連携した防災意識の発信だけでなく、協賛社の防災への取り組みを展示や体験プログラムとして紹介します。

2017度の取組み

豊洲防災EXPOは今年でちょうど10年を迎えます。それを記念して、今年はプレイベント「みんなでつくろう!こどもBO-SAIカフェ大作戦!!」(「BO-SAI in 豊洲」実行委員会、「だいじょうぶ」キャンペーン実行委員会共催、三井不動産特別協賛)を実施します。
江東区内の小学3~6年生を対象にした3回連続のプレイベントで、非常食についての知識を学んだり、とっつきにくい非常食を手にとってもらえるようなデザインを考えます。
10月14日(土)、15日(日)に三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲で開かれる「豊洲防災EXPO 2017」を本番と位置づけ、同イベント内でBO-SAIカフェをオープンするべく小学生たちが取り組みます。

第1回目となる今回のイベントには小学生23人が参加。同相談所の管理栄養士の高橋久美子さんが災害時の非常食にどのような食品を選べばいいか、栄養やバランスの取り方などについて説明し、小学生たちは非常食の知識を深めました。
小学生たちは実際にレトルト食品を試食しながら、栄養バランスがとれたメニューを考えました。


2016度の取組み

楽しみながら親子で防災知識を学ぶ防災イベント「BO-SAI EXPO 2016 in 豊洲」が10月15、16の両日、江東区豊洲2の「アーバンドック ららぽーと豊洲」と、同所6の「がすてなーに ガスの科学館」で行われた。
ららぽーと豊洲では「BO-SAI暮らしの学校」(「BO-SAI in 豊洲」実行委主催、東京ガス、「だいじょうぶ」キャンペーン実行委共催)が開かれ、家具転倒防止や避難生活中もおいしく食べられる非常食について学び、備えにつなげるブースを展開。ほかにも段ボール箱を使ったイスの作り方を学べるワークショップや、避難生活時の運動不足を解消するための足を使って文字を書くなどの遊びが人気だった。
一方「がすてなーに ガスの科学館」では「イザ! カエルキャラバン!」(東京ガス主催)が行われた。

※詳細はhttp://www.plus-arts.net/bo-sai16/まで

2015度の取組み

楽しみながら親子で防災知識を学ぶ防災イベント「BO-SAI EXPO 2015 in 豊洲」が10月10、11の両日、江東区豊洲2の「アーバンドック ららぽーと豊洲」と、同所6の「がすてなーに ガスの科学館」で行われた。
ららぽーと豊洲では「BO-SAI暮らしの学校」(「BO-SAI in 豊洲」実行委主催、東京ガス、「だいじょうぶ」キャンペーン実行委共催)が開かれ、紙芝居で自分や家族を守る方法や、栄養価が高く保存性のよい「乾物」を非常食に使う方法などを学んだ。避難生活を少しでも快適にする段ボール箱を使ったイスの作り方を学べる講座は定員いっぱい集まる人気振りだった。
一方「がすてなーに ガスの科学館」では「イザ! カエルキャラバン!」(東京ガス主催)が行われた。

※詳細はhttp://www.plus-arts.net/bo-sai15/index.htmlまで

2014度の取組み

楽しみながら親子で防災知識を学ぶ防災イベント「BO-SAI EXPO 2014 in 豊洲」が10月4、5の両日、江東区豊洲2の「アーバンドックららぽーと豊洲」と、同所6の「がすてなーに ガスの科学館」で行われた。
ららぽーと豊洲会場では「BO-SAI暮らしの学校」(「BO-SAI in 豊洲」実行委主催、東京ガス、「だいじょうぶ」キャンペーン実行委共催)が開かれ、紙芝居で防災グッズの使い方を学んだり、家具の転倒を防止する方法を体操しながら覚えたりした。
家族と連絡が取れなくなった時の集合場所などを書き込む「ピカチュウおまもり」を作るコーナーは、行列ができるほどの人気だった。
一方「がすてなーに ガスの科学館」では「イザ! カエルキャラバン!」(東京ガス主催)が行われた。

※詳細はhttp://www.plus-arts.net/bo-sai14/report.html

BO-SAI豊洲2014 BO-SAI豊洲2014 BO-SAI豊洲2014 BO-SAI豊洲2014

私たちは「だいじょうぶ」キャンペーンを応援しています。