テーマ「防災」メインビジュアル

2012年度の取り組み

「だいじょうぶ」キャンペーンinイオンモール千葉ニュータウン 2012年9月1日(土)
防災の知識と技術を楽しく学べる啓発イベント「『だいじょうぶ』キャンペーンinイオンモール千葉ニュータウン」が9月1日、千葉県印西市の大型商業施設「イオンモール千葉ニュータウン」で開かれました。同キャンペーン実行委員会が主催、イオン・イオン1%クラブが共催、印西市、同市消防組合消防本部、市教委が協力しました。
会場でははしご車やタンク車などの消防車両を展示したほか、AED(自動体外式除細動器)応急処置体験コーナーや、煙体験ハウス、起震車体験など参加型プログラムを実施しました。
ステージイベントは「防災ステージ」「開催記念セレモニー」「千葉県ステージ」「消防ステージ」を実施しました。「開催記念セレモニー」では、板倉正直・印西市長と天野義昭・イオンリテール南関東カンパニー千葉事業部長が同市とイオンモールが締結した「防災活動協力に関する協定」(食料、飲料水の提供、被害者の受け入れなど)について意見交換しました。さらに、イオンで販売をしている「ライフサポート20点セット」を紹介し、災害に向けた備えの大切さを訴えました。NPO法人プラス・アーツの小倉丈佳さんは「ライフサポート20点セットに、生活で必要なものを加えて、自分なりの防災グッズを準備することが大切」とアドバイスをしました。
また、会場には、イオンが所有する災害時一時避難者用テント「バルーンシェルター」を展示。東日本大震災のパネルも展示され、参加者が真剣な表情で見入っていました。
「だいじょうぶ」キャンペーンinイオンモール千葉ニュータウン 「だいじょうぶ」キャンペーンinイオンモール千葉ニュータウン
一覧に戻る

私たちは「だいじょうぶ」キャンペーンを応援しています。