公募型事業メインビジュアル

2015年度の取り組み

10月16日(金) 東京都・江東区
犯罪に巻き込まれやすい場所を児童が自ら学ぶ「地域安全マップ教室」(「だいじょうぶ」キャンペーン実行委員会主催)が16日、江東区の区立南陽小で開かれ、3年生118人が参加した。
教室は防災・防犯を目的とした「だいじょうぶ」キャンペーンの一環で、2007年から実施。この日は犯罪学を専門に研究する小宮信夫・立正大教授を講師に招いた。
小宮教授は「入りやすく、見えにくい場所で犯罪は起こる」と説明。児童らは7~8人のグループに分かれて学校周辺を歩きながら危険な場所を確認した。
北村美空さん(8)は「いつも通る道だが、人もあまり通らず危ない場所と気付いた」と言い、小宮教授は「子供たちに正しい知識を身に着けてもらい、防犯意識を高めてほしい」と話していた。
地域安全マップ教室in江東区      地域安全マップ教室in江東区      地域安全マップ教室in江東区      地域安全マップ教室in江東区      地域安全マップ教室in江東区
  
毎日新聞に掲載された記事はこちら(PDF)

私たちは「だいじょうぶ」キャンペーンを応援しています。