公募型事業メインビジュアル

2015年度の取り組み

2015年9月18日(水) 奈良県・奈良市
子供たちが犯罪の危険から身を守る能力を高める「地域安全マップ教室」(「だいじょうぶ」キャンペーン実行委員会主催)が18日、奈良市登美ヶ丘の平城西小学校で開かれました。
小宮信夫・立正大教授(犯罪学)から「犯罪起こす人を見かけで判断するのは難しいが、犯罪に遭いやすい危険な場所は景色に注意すればわかる」との講義を受けた生徒たちは、班に分かれて学校周辺でのフィールドワークに出発。立正大学生たちの指導の下、ポイントとなる地点ごとに危険か安全かを話し合い、写真に記録した。
午後からは各班ごとに協力して、写真にコメントを添えて模造紙に貼り付け「安全マップ」を完成させた。
地域安全マップ教室in奈良市      地域安全マップ教室in奈良市      地域安全マップ教室in奈良市      地域安全マップ教室in奈良市      地域安全マップ教室in奈良市
一覧に戻る

私たちは「だいじょうぶ」キャンペーンを応援しています。